メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

つなぐ

/42 死にたい気持ちの背景を考えて 居場所を持てる社会になればいい /香川

自殺問題について意見を交換したシンポジウム=京都市で

 連載34回目から内容を紹介して来たシンポジウム。NPO法人「京都自死・自殺相談センター」が主催し昨年12月、京都市で開かれた。新聞記者の私が進行役を務め、同センター代表、竹本了悟さんと精神科医の松本俊彦さん、NPO法人「BONDプロジェクト」代表、橘ジュンさんが自由闊達(かったつ)に自殺問題について意見を交換した。

 シンポは休憩を含め3時間近くに達したが、大勢の人が最後まで発言者の話に聴き入った。

この記事は有料記事です。

残り502文字(全文703文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アジア大会 バスケ4選手が買春か JOC処分、帰国の途
  2. 辺野古移設 政府が遅延損害金請求検討 1日2000万円
  3. アジア大会 バスケ不祥事、4選手帰国 認定取り消し処分
  4. 西日本豪雨 あの尾畠さん、今度は広島のボランティアに
  5. 夏の高校野球 大阪桐蔭、済美降し4年ぶり決勝進出

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです