メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鉄路の行方・JR発足30年

/2 JR北海道 地域の足、どう守る

札沼線の「日本一早い最終列車」を撮影する鉄道ファンたち=北海道新十津川町で2017年2月23日午前9時37分、遠藤修平撮影

 2月23日、JR北海道札沼(さっしょう)線の終点、新十津川駅(北海道新十津川町)。久しぶりの帰省から自宅のある札幌市に戻ろうとしていた笹木育子さん(78)は「1日1往復なんて日常生活では使えない」と嘆いた。午前9時40分発札幌方面行きの「最終列車」に乗り込み、つぶやく。「乗客が減り列車が減り、また乗客が減ってここまできた」

 廃止が検討される、同線新十津川-北海道医療大学(当別町)は100円の利益のため2213円の費用が必…

この記事は有料記事です。

残り1300文字(全文1513文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国から注文殺到 福島名物「ラヂウム玉子」ロゴ入りTシャツが人気
  2. ORICON NEWS [ガンプラビフォーアフター]創造力が生んだFAガンダム、「プラモ狂四郎」が果たした“ガンプラ脳変革”
  3. わいせつ行為 児童9人に 小学教諭を懲戒免職に 県教委 /長崎
  4. 解決せぬ差別に失望 性同一性障害を持つ上田さん「時代はむしろ後退」
  5. 戒告処分 相談軽視の発言 長崎市立中の女性教諭 /長崎

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです