メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

私の出発点

小川洋子さん『妊娠カレンダー』 理由ないからこその悪意

作家の小川洋子さん=鶴谷真撮影

『防かび剤PWHには強力な発癌(がん)性。人間の染色体そのものを破壊する!』

 あの時の一ページが、ぼんやり頭の中で揺らめいた。

 皮も実もしっとり混じり合い、所々ゼリー状のかたまりができる頃、姉と義兄が帰ってきた。姉は真直(まっす)ぐキッチンに入ってきた。

「何? この素敵(すてき)なにおいは」(『妊娠カレンダー』文春文庫より)

 現代日本文学を代表する作家の芥川賞受賞作が『妊娠カレンダー』である。発表した頃は岡山県倉敷市に住む…

この記事は有料記事です。

残り1608文字(全文1821文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サクラの名所・中国の武漢大、警備員が花見の「和服」学生に暴行 ネットで炎上、批判が殺到
  2. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  3. ORICON NEWS がん手術の堀ちえみ、無事退院を報告し感謝 今後は経過観察で定期的に通院
  4. 特集ワイド チケット「転売ヤー」 業界困惑 ネット普及で買い占め容易に
  5. 「亡き友よ 次は甲子園の優勝メダル届けるよ」筑陽学園・西舘投手

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです