メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長屋のご隠居・てれび指南帳

庶民のありよう捉えるテレビの奮起を=松尾羊一

隠居 このコラムも今回が最終回。長屋の皆さん、長い間お世話様でした。

幸兵衛 新聞の文化欄が、文芸、演劇、映画、そしてテレビの順で、専門職による作品評で埋め尽くされる。そんな時代があった。ちょっと違うのでは、と隠居が言い出した。

隠 昔の長屋はらちもない世間話で花が咲いたものだ。テレビもそんな目線で語りたい。

幸 テレビが「世間」の役割を果たしている。昔も今もそれほど変わっちゃいない。画面に映るのが、庶民のあ…

この記事は有料記事です。

残り610文字(全文813文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京湾 クジラ目撃情報 ゲートブリッジや葛西海浜公園で
  2. 将棋 藤井七段、王座戦タイトル初挑戦まであと2勝
  3. ロシアW杯 ブラジル、覚醒の2発 ネイマールも泣いた
  4. 消費者庁 ユーチューブでの「もうけ指南」ご用心 事業者公表
  5. サッカー日本代表 トルシエ氏 1次L突破「可能性ない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]