メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長屋のご隠居・てれび指南帳

庶民のありよう捉えるテレビの奮起を=松尾羊一

隠居 このコラムも今回が最終回。長屋の皆さん、長い間お世話様でした。

幸兵衛 新聞の文化欄が、文芸、演劇、映画、そしてテレビの順で、専門職による作品評で埋め尽くされる。そんな時代があった。ちょっと違うのでは、と隠居が言い出した。

隠 昔の長屋はらちもない世間話で花が咲いたものだ。テレビもそんな目線で語りたい。

幸 テレビが「世間」の役割を果たしている。昔も今もそれほど変わっちゃいない。画面に映るのが、庶民のあ…

この記事は有料記事です。

残り610文字(全文813文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  2. 陸自 砲弾、一般車被害 国道そばに着弾 滋賀の演習場 目標1キロずれ
  3. 大相撲 稀勢の里「悔しい。今場所は申し訳ない」
  4. 秋田 記者が通報、北朝鮮の木造船 船内捜索も見守る
  5. 平井科技相 宛名のない領収書61枚 選挙費の5割

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです