メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

よみがえれ!鳥取城

研究室だより第16部/1 鳥取市教委文化財課 姫路城の“弟城”現代に /鳥取

かつて鳥取城の二ノ丸に存在した三階櫓=鳥取市文化財課提供

 明治時代初期まで存在した鳥取城。かつて二ノ丸にそびえた三階櫓(やぐら)は、姫路城大天守を築いた職人集団が携わったとされ、姫路城の「弟城」と称されるほど美しい層塔型をしていたという。「鳥取城をよみがえらせたい」。鳥取市教委文化財課は、鳥取城の完成形といえる江戸時代末期の外観を取り戻そうと、発掘調査や復元に取り組んでいる。まず正面玄関にあたる大手登城路からで、来年秋には山手通りから堀を渡る擬宝珠(ぎぼし)橋が往時の姿を現す計画だ。

 鳥取城は16世紀の戦国時代に因幡を治めた山名氏が久松山の頂上に築いた出城が起源とされる。当時は「土…

この記事は有料記事です。

残り1094文字(全文1360文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 日本テレビ イッテQ疑惑で大久保社長謝罪 祭り企画休止
  3. 日本テレビ イッテQやらせ疑惑で不適切演出認める
  4. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  5. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです