メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

因伯人

妻木晩田遺跡の発掘担当 長尾かおりさん /鳥取

妻木晩田遺跡を発掘する長尾かおりさん=鳥取県立むきばんだ史跡公園で、小松原弘人撮影

弥生の暮らし伝える 長尾かおりさん(38)

 大山町から米子市にまたがる丘陵地152ヘクタールに広がる妻木晩田(むきばんだ)遺跡(国史跡)で、発掘調査を担当する。西日本最大級という弥生時代後期の集落跡。現在、発掘された5カ所の土壌や昆虫2体、樹木片約100点の科学分析中で、「当時の弥生人を囲む風景がわかる」と説明する。

 土壌の分析では種子や花粉などから植物の種類、樹木片からは樹種や年代などが分かる。同遺跡で住んでいた…

この記事は有料記事です。

残り549文字(全文758文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴
  3. BTS 絶叫、すすり泣き…騒動の渦中、コンサートでは何が 会場外ではファン批判演説
  4. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  5. ライフスタイル 仕事がデキる人はもれなく「習慣の奴隷」である ──『天才たちの日課』(GetNavi web)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです