メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鉄路の行方・JR発足30年

/3 JR九州 収益へ開発と合理化

完成した新観光列車「かわせみ やませみ」を見て笑顔を見せるJR九州の青柳俊彦社長(左)とデザイナーの水戸岡鋭治氏(右)=北九州市小倉北区で2017年2月27日午後2時12分、和田大典撮影

 九州に大きな被害をもたらした昨年4月の熊本地震から約10カ月がたった2月27日。熊本県内を走るJR九州の観光列車「かわせみ やませみ」が披露された。「復興の象徴として走ってほしい」。地元の川や森をイメージした車両を前にJR九州の青柳俊彦社長(63)は胸を張った。

 デザインは、豪華寝台列車ブームの火付け役となった「ななつ星in九州」を手がけた工業デザイナーの水戸岡鋭治氏(69)。車両の内装には熊本産のスギやヒノキをふんだんに使った。JR九州の観光列車では11本目で、地元と力を合わせて魅力を詰め込んだ。

 JR九州は昨年10月、北海道、四国を含めた「3島会社」の中で初めて株式上場を実現した。JR東日本の…

この記事は有料記事です。

残り1242文字(全文1545文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 黒部ダムカレー 愛され10年 年間5.7万食売り上げ
  2. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  3. クックパッドニュース [作ってみた]話題の「ダムカレー」は〇〇を使えば簡単にできた!!
  4. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  5. 国会 「通告ないと答えられない」 目立つ首相の消極姿勢

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです