メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

1カ月ぶり1万9000円割れ

 23日の東京株式市場は前日の海外市場で進んだ円高・ドル安への警戒感から売りが先行し、日経平均株価は一時、約1カ月ぶりに1万9000円を割り込んだ。午前の終値は前日終値比26円84銭高の1万9068円22銭。前日に414円超下げた反動買いもあり、前日終値比でプラスに転じる場面もあった。【片平知宏】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ORICON NEWS 稲垣・草なぎ・香取の写真がついに“SNS解禁” ファンから歓喜の声続々[反響を更新]
    2. ライフスタイル 自分を不幸にする3つの思考は「認めない、比べる、●●●●」(GetNavi web)
    3. 会津藩公行列 勇壮に美しく 綾瀬はるかさん4年連続参加
    4. メキシコ地震 路上生活、5日目 死者は307人
    5. 堺・だんじり 右折中に横転 男性14人救急搬送

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]