メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

1カ月ぶり1万9000円割れ

 23日の東京株式市場は前日の海外市場で進んだ円高・ドル安への警戒感から売りが先行し、日経平均株価は一時、約1カ月ぶりに1万9000円を割り込んだ。午前の終値は前日終値比26円84銭高の1万9068円22銭。前日に414円超下げた反動買いもあり、前日終値比でプラスに転じる場面もあった。【片平知宏】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. フィギュア 性格は恥ずかしがり屋 チェンにインタビュー
    2. 今村復興相 「東北でよかった」発言と記者団への一問一答
    3. クローズアップ2017 今村復興相辞任へ 政権「ゆるみ」深刻 首相、擁護で傷口広げ
    4. 今村復興相 また質問打ち切り 前回と同じ記者
    5. 今村復興相 パーティーで「東北で良かった」発言 辞任へ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]