メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

セウォル号、船体の一部が水面に浮上…引き揚げ作業

 【ソウル米村耕一】韓国海洋水産省は23日、韓国南西部、珍島(チンド)沖で2014年4月に沈没した旅客船セウォル号の船体引き揚げを本格化させた。バージ船2隻につないだワイヤで水深44メートルの海底から船体を引き揚げ、23日朝には船体の一部が水面に浮上した。

     事故では修学旅行中の高校生ら295人が死亡し、9人が行方不明となった。船内に遺体が残されている可能性があることや、沈没原因の徹底的な解明のためには船体を調べるべきだとの指摘があることから、遺族らが引き揚げを求めていた。22日に作業を試験的に開始。23日夕には、船体全体を水面上に持ち上げ、調査のために移動させる予定だ。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 豊田衆院議員 暴言「高速逆走が原因」会見で自民・細田氏
    2. ネット音声公開 豊田議員?「私の心をたたいている…」
    3. 相模原市 樹齢100年のヒノキ2万6000本消える
    4. バラハタ 他にもいる危険な魚 「珍しい」で食べないで
    5. 盗撮 新潟大病院で患者を 容疑の元看護師を逮捕 /新潟

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]