メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

セウォル号、船体の一部が水面に浮上…引き揚げ作業

 【ソウル米村耕一】韓国海洋水産省は23日、韓国南西部、珍島(チンド)沖で2014年4月に沈没した旅客船セウォル号の船体引き揚げを本格化させた。バージ船2隻につないだワイヤで水深44メートルの海底から船体を引き揚げ、23日朝には船体の一部が水面に浮上した。

     事故では修学旅行中の高校生ら295人が死亡し、9人が行方不明となった。船内に遺体が残されている可能性があることや、沈没原因の徹底的な解明のためには船体を調べるべきだとの指摘があることから、遺族らが引き揚げを求めていた。22日に作業を試験的に開始。23日夕には、船体全体を水面上に持ち上げ、調査のために移動させる予定だ。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. スペースワールド 土地協議不調で17年末閉園へ 北九州
    2. 北朝鮮 「むかっとしてミサイル」元料理人に正恩氏発言
    3. BLEACH 「デュラララ!!」作者の新作小説が連載へ 主人公は檜佐木修兵
    4. 建造物侵入容疑 トイレ屋根裏「数年前から寝泊まり」男
    5. アート展 「私は美しい」 米兵に暴行された女性が東京で

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]