メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

認定を厳格化…4月から

 従業員の仕事と育児の両立を支援する企業が対象の「くるみん」認定制度について、厚生労働省の労働政策審議会は22日、要件を厳格化するよう、塩崎恭久厚生労働相に答申した。今月中に関係省令を改正し、4月1日から施行する。

 女性新入社員が過労自殺した電通が認定を受けていた(昨年11月に返上)ことから、見直しを検討。月平均60時間以上の残業をしている従業員がいないことや、男性の育児休業取得率が7%以上であることを要件として追加した。

 女性の活躍推進に積極的な企業の「えるぼし」認定と若者の採用・育成に積極的な中小企業の「ユースエール」認定も厳格化する。【早川健人】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共謀罪 新宿で廃止求める街宣活動
  2. 失禁 5人に1人「便」経験 男性、20~30代やや多く
  3. 加計学園 野田氏「人格攻撃間違い」 菅氏の対応を批判 
  4. 栃木・鹿沼 市指定ごみ袋は「いちご色」 ごみ減量啓発も
  5. ORICON NEWS 市川海老蔵、休演獅童の助っ人は勸玄くん!?「今、交渉中」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]