メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くるみん

認定を厳格化…4月から

 従業員の仕事と育児の両立を支援する企業が対象の「くるみん」認定制度について、厚生労働省の労働政策審議会は22日、要件を厳格化するよう、塩崎恭久厚生労働相に答申した。今月中に関係省令を改正し、4月1日から施行する。

 女性新入社員が過労自殺した電通が認定を受けていた(昨年11月に返上)ことから、見直しを検討。月平均60時間以上の残業をしている従業員がいないことや、男性の育児休業取得率が7%以上であることを要件として追加した。

 女性の活躍推進に積極的な企業の「えるぼし」認定と若者の採用・育成に積極的な中小企業の「ユースエール」認定も厳格化する。【早川健人】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 下村元文科相党支部 政治資金で自著購入 1900冊分
  2. FRESH CAMPUS CONTEST 2017 名古屋外大の大脇有紗さんが“日本一可愛い新入生”に
  3. 寝屋川4乳児遺棄 「捨てられなかった」20年以上隠す
  4. コンビニ ミニストップが全店舗で成人誌の販売を中止へ
  5. 高校野球 大宮工などが対外試合禁止 日本学生野球協会

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]