メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

森友学園

籠池氏、昭恵夫人寄付「名誉なこと。記憶鮮明」

証人喚問で発言する森友学園の籠池泰典理事長=参院第1委員会室で2017年3月23日午前10時7分、小川昌宏撮影

証人喚問

 参院予算委員会は23日、大阪市の学校法人「森友学園」への国有地売却問題で、籠池(かごいけ)泰典理事長に対する証人喚問を行った。籠池氏は2015年9月5日に学園の運営する幼稚園で安倍晋三首相の昭恵夫人から100万円の寄付を受けたと証言。「園長室で2人きりになり、『安倍晋三からです』とおっしゃって寄付として封筒に入った100万円をくださった。名誉なことで鮮明に覚えている」と語った。首相は事実関係を否定している。

 籠池氏は「もらったのが土曜日だったので金庫に入れ、月曜日に(学園職員が)郵便局に行った」と説明。「教育者としての私の思いについて、首相や昭恵夫人、大阪府議会の先生方らにご理解をいただき、今でも本当に感謝している」と述べる一方、問題発覚後に昭恵夫人から「口止めとも取れるようなメールが届いた」とも明かした。

 また、昭恵夫人に国有地取得への協力を求めたが、夫人付きの官邸職員を通じて「なかなか難しい」との回答があったと証言。回答を受けた際のファクスを予算委に提出する意向を示した。さらに昭恵夫人が一時、小学校の名誉校長を務めていたことを財務省近畿財務局などに伝えていたと説明。妻らが昭恵夫人と今年2月に22回、3月に15~16回メールで連絡を取ったと明かした。

 国有地の取得を巡る政治的な関与の有無については「その都度関与はあったのだろうと認識している」と発言。小学校認可の基準緩和や土地取得を巡って協力を依頼した政治家として、日本維新の会の東徹総務会長▽自民党の柳本卓治参院議員▽北川イッセイ元参院議員の名前を挙げた。

 また小学校が「九分九厘できあがっていて、はしご段を外された思いだ。(外したのは)大阪府の松井(一郎)知事だと思っている」と述べた。これに関連し浅田均氏(維新)は松井氏の証人喚問を求めた。

 籠池氏は国有地の価格に関し「想定外の値下げにびっくりした。詳細は承知していない」と述べ、「財務省の佐川宣寿理財局長の命として部下のシマダさんから『10日間隠れていて』と顧問弁護士から伝えられた」と証言。稲田朋美防衛相との関係については「今回の土地の事柄についても(稲田氏の夫で弁護士の)稲田龍示事務所に16年1月に相談に行った」と語った。

 一方、質問に立った西田昌司氏(自民)は「首相夫人から2人だけで寄付をもらったと言うが、私は夫人から直接話を聞いており、(同行した職員は)席を外していない。事実と違うのではないか」とただした。これに対し籠池氏は「秘書の方は直前にお人払いをされたので2人(だけ)だった」と反論した。【光田宗義】


参院予算委での籠池泰典理事長証言・骨子

・2015年9月5日、安倍晋三首相の昭恵夫人から封筒入りの100万円を受け取った

・国有地に関する要請を昭恵夫人側に伝え、夫人付きの政府職員から難しいとの返事がファクスで届いた

・昭恵夫人に10万円の講演料を渡した

・私の妻に昭恵夫人から口止めとも取れるメールが届いた

・安倍首相とは電話で1回話した。会ったことはない

・(国有地売却額は)想定外の値下げでびっくりした

・(国有地売却に)政治的な関与はあっただろうと認識している

・小学校建設で日本維新の会の東徹総務会長、自民党の柳本卓治参院議員、北川イッセイ元参院議員に協力依頼

・国有地払い下げで(稲田防衛相の夫の)稲田龍示事務所に昨年1月に相談に行った

・小学校設立申請で、大阪府議会議長を務めた畠成章氏に松井知事や府への力添えを要請

・工事請負契約書が3種類作成されたことや幼児教育の指導の行き過ぎなどを反省し、謝りたい

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  2. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  3. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  4. 大相撲秋場所 さらばロシアの巨漢 大露羅、引退を表明
  5. 北九州 マンションで女性4人死亡、自殺か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです