メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

震災6年・首長に聞く

/19止 内堀雅雄知事 復興・創生は道半ば /福島

内堀雅雄知事

五輪、多額の経費かけられぬ

 --東日本大震災6年の今だからこそ取り組むことは?

 福島第1原発事故に伴う避難指示を解除し、できるだけ元の生活に戻すことだ。大事なのは解除はあくまでスタートラインだということ。特に生活環境や教育への不安が大きな課題で解決に向けて前に進みたい。

 --この1年で避難指示の解除が進んだものの、住民の帰還は進みません。

 解除から1、2年で住民が完全に戻るという状況にはならない。ある程度の時間が必要だ。(2014年に帰…

この記事は有料記事です。

残り1257文字(全文1477文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 兵庫・篠山市 「丹波篠山市」変更が賛成多数 住民投票
  2. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  3. 高校ラグビー 大阪第3地区は常翔学園に
  4. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  5. ゆるキャラ GPは志木の「カパル」 注目の四日市は3位

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです