メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

現場から・ひょうご

「面会交流」支援 親と子、笑顔戻るまで /兵庫

NPO法人「家族支援センター・クローバー」理事として面会交流を支援する川崎志保弁護士(左)と吉原美由希弁護士=兵庫県姫路市で、山縣章子撮影

 別居や離婚により離れて暮らす親と子がともに過ごす「面会交流」をスムーズにしようと、橋渡しをする民間の取り組みが全国で進んでいる。姫路地域では弁護士や調停委員らがNPO法人「家族支援センター・クローバー」(事務所・姫路市)を2016年2月に発足させた。親子関係を修復し、関係者が笑顔を取り戻すまで、支援者たちは根気よく立ち会っている。【山縣章子】

 クローバー理事を務め、離婚がらみの調停や訴訟に20年以上携わってきた川崎志保弁護士(48)は「最近…

この記事は有料記事です。

残り1315文字(全文1538文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セブン-イレブン 100円ビール発売中止
  2. カジノ法案 19日にも採決 借金限度額など決めないまま
  3. 宮内庁 小室圭さんについて「婚約状態ではない」
  4. WEB CARTOP 夏の家庭用エアコンの適正温度は28℃! クルマにも適正温度はあるのか?
  5. 富山・集団暴行 強制性交等容疑の男性8人全員を不起訴

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]