メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

発信箱

PKO撤収に思う=佐藤千矢子

 南スーダンの国連平和維持活動(PKO)に参加している陸上自衛隊が、5月末に撤収することになった。現地の治安を考えれば撤収はやむを得ないと思うが、政府が挙げた理由に納得がいかない。

 治安悪化が原因ではなく、道路工事に区切りがついたから撤収するのだという。自国の都合で引き揚げる印象は否めない。

 取材から浮かぶ本当の撤収の理由は二つある。

 一つは、犠牲者を出すリスクを避けるため。

この記事は有料記事です。

残り467文字(全文656文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サッカー日本代表 「増量と身長調整は失敗」西野監督
  2. 傷害致死 外国人男性刺され死亡 容疑者逃走か 栃木
  3. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
  4. メロンまつり 蛇口からメロンジュース! 福井県産PR
  5. 社説 止まらない書店数の減少 このままでは寂しすぎる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]