メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・気象・防災

地震で家具転倒、防ぐには

家具を固定する金具の取り付け方を学ぶ、家具固定ボランティア養成講座の受講者たち=愛知県知立市で

 近年の大震災では、多くの人が家具の転倒により死傷した。被害の拡大を防ぐため、家具の配置を見直したり固定したりするなど、家庭での防災対策の徹底が求められている。

 ●固定推進員制度

 南海トラフ巨大地震の被害想定で、家具転倒・落下による死者数が最多とされた愛知県は、2015年度に「家具固定推進員」派遣制度を設け、16年度には「家具固定ボランティア」の養成講座も始め、家具固定の普及を進めている。

 講師を務める一人は、04年に「かぐてんぼう隊」を組織して家具の転倒防止を広めてきた一般社団法人「わ…

この記事は有料記事です。

残り1192文字(全文1438文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 「普通の生活をしていた思い出の地」 横田早紀江さん、めぐみさんの母校で講演
  5. ルポ女子少年院 居場所を探して覚醒剤に手を出した少女

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです