メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

家具を固定する金具の取り付け方を学ぶ、家具固定ボランティア養成講座の受講者たち=愛知県知立市で

 近年の大震災では、多くの人が家具の転倒により死傷した。被害の拡大を防ぐため、家具の配置を見直したり固定したりするなど、家庭での防災対策の徹底が求められている。

 ●固定推進員制度

 南海トラフ巨大地震の被害想定で、家具転倒・落下による死者数が最多とされた愛知県は、2015年度に「家具固定推進員」派遣制度を設け、16年度には「家具固定ボランティア」の養成講座も始め、家具固定の普及を進めている。

 講師を務める一人は、04年に「かぐてんぼう隊」を組織して家具の転倒防止を広めてきた一般社団法人「わ…

この記事は有料記事です。

残り1192文字(全文1438文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 狛江市 市長辞意の決め手はセクハラ被害女性の実名抗議文
  2. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
  3. ファミレス ガスト宅配弁当にカエルの死骸 体長数センチ
  4. 車ナンバー 図柄入りデザイン 全国41地域を決定 
  5. アメフット 会見詳報(1)「勝手に突っ込んだことにされる」父が懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]