メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

災害アーカイブ

御嶽山山体崩壊 土砂3400万立方メートル、村を襲う

地滑りを起こした土石でつぶされた旅館=長野県王滝村で1984年9月19日

 「噴かない」と思われていた御嶽山(長野・岐阜県境、3067メートル)の有史以来初の噴火から5年後。山の南側を震源とする長野県西部地震(マグニチュード6・8)が発生した。御嶽山とその周辺で斜面崩壊が起こり、ふもとの同県王滝村を襲った。

 気象庁ホームページや国土地理院のまとめによると、中でも大規模だったのが伝上川の上流で発生した斜面崩壊で「御嶽崩れ」と呼ばれる。標高2550メートルの地点から標高1900メートルの地点まで最大幅420メートル、最大深さ160メートルが崩壊。崩れた土砂の量は東京…

この記事は有料記事です。

残り371文字(全文618文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 在日3世 苦難の歴史、一人芝居の公演120回
  2. あおり運転 容疑で元勤務医逮捕 幅寄せでバイク男性重傷
  3. 万引き犯 メルカリ内で捜索 書店、執念の「御用」
  4. 交通事故 2人はねられ死亡 兵庫・姫路の交差点
  5. 朝鮮学校無償化 名古屋駅前で訴える 損賠請求裁判の判決を前に /愛知

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]