メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

稲田氏「夫が立ち会い」 財務局と航空局協議

 稲田朋美防衛相は24日の記者会見で、森友学園の籠池泰典理事長夫妻が小学校用地を巡って近畿財務局と大阪航空局と2016年1月に協議した際、稲田氏の夫の龍示弁護士が立ち会っていたと明らかにした。稲田氏が龍示氏から聞き取った内容として発表した文書によると、龍示氏と学園の顧問契約は切れており、協議の冒頭で龍示氏は「籠池氏の代理人ではない。同席だけする」と発言したという。また、稲田氏は自身の学園との顧問契約を否定した。

 籠池氏は23日の喚問で「今回の土地の事柄について(龍示氏の)事務所に相談に行った」と説明した。

 稲田氏の文書では、協議は用地の土壌汚染対策で学園側が立て替えた費用を巡るものといい、龍示氏は「土地の売却について相談を受けたことはない」と述べたという。

 文書によると、龍示氏は「籠池夫妻が16年年明け早々に、顧問契約終了以来いきなり連絡してきて、すぐに相談を聞いてほしい、とのことだった」と説明。1月8日に籠池夫妻が事務所を訪れて「土壌汚染対応の費用を国が返してくれない」と相談。協議立ち会いに関し、龍示氏は「代理人として話を聞けないし、発言もしない」との条件で了承した。

 協議は同27日に龍示氏の事務所で行われた。龍示氏は「夫妻が立て替え費用が払われないことなどに激しい怒りをぶちまけていたことが印象に残っている」と説明。「この件について費用は受け取っておらず、これ以降先方から何の連絡もない」と語ったという。【村尾哲】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中国 飛行機エンジンに「おさい銭」 乗客「安全祈願」5時間遅れ 上海
  2. 東京・銀座 「金塊3キロ盗まれた」中国人女性、交番通報
  3. ORICON NEWS B’z、超大型&高額BOX発売決定 全長78センチ・8kg・7万円
  4. 下村氏 加計献金否定「11カ所から」室長がまとめ持参
  5. 宮里優 熊本に副賞寄贈…ラーメン3600食 日清杯優勝

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]