メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

未来を見る『め』

スクールクライシス学校危機・心と命を救おう 発達障害のある生徒の死 /大阪

同級生から暴言・暴行/心の苦痛累積、いじめに 互いの違いを認め、譲り合って共生を

 2013年11月1日、相模原市の市立中学校の男子生徒(当時中2、13歳)が自宅で自殺を図り、10日後に亡くなりました。男子生徒は小学校低学年で、発達障害の一種であるアスペルガー症候群と診断されましたが、保護者は学校に「障害のことは言わないでほしい」と伝えていました。

 当初、男子生徒は病死と伝えられていましたが、いじめの疑いが消えなかったため、保護者が学校に自殺を公…

この記事は有料記事です。

残り1498文字(全文1722文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プレスリリース ジャイアントパンダの赤ちゃん(2日齢) 母親「良浜(らうひん)」からの授乳を確認できました(共同通信PRワイヤー)
  2. 夏の高校野球 金足農、八回逆転弾 吉田14K、横浜破る
  3. 富田林署逃走 捜査かく乱か ひったくり携帯投棄の疑い
  4. クレヨンしんちゃん 声優交代が“炎上”しなかった理由
  5. 富田林署逃走 容疑者の動画を公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです