メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

未来を見る『め』

スクールクライシス学校危機・心と命を救おう 発達障害のある生徒の死 /大阪

同級生から暴言・暴行/心の苦痛累積、いじめに 互いの違いを認め、譲り合って共生を

 2013年11月1日、相模原市の市立中学校の男子生徒(当時中2、13歳)が自宅で自殺を図り、10日後に亡くなりました。男子生徒は小学校低学年で、発達障害の一種であるアスペルガー症候群と診断されましたが、保護者は学校に「障害のことは言わないでほしい」と伝えていました。

 当初、男子生徒は病死と伝えられていましたが、いじめの疑いが消えなかったため、保護者が学校に自殺を公…

この記事は有料記事です。

残り1498文字(全文1722文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 関学大が日大定期戦を中止、回答に誠意認めず
  2. ORICON NEWS 声優・金元寿子、海外留学のため休業へ 来年3月復帰予定
  3. 石川・粟津駅 2男児、特急と接触か 1人死亡1人重体
  4. マレーシア機撃墜 親露派地域から発射 中間報告
  5. アメフット 日大選手の嘆願書募集へ 関学大負傷選手の父

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]