メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

がん大国白書

第5部 生きる力に/4 遺伝子検査、体制半ば

再発の恐れが最も低い「低リスク」と判定された上田さんの検査結果=下桐実雅子撮影

 横浜市の上田暢子(のぶこ)さん(44)は2015年12月、左胸にしこりを見つけ、クリニックで乳がんと診断された。翌年2月、病院で全摘する手術を受けた。リンパ節などへの転移はなかったが、主治医からは「やっておいた方が安心だから」と、再発を防ぐためにホルモン剤と抗がん剤の治療を勧められた。しかし、「副作用もある抗がん剤治療が、自分に本当に必要なのか」と疑問を感じた。

 上田さんは本などを読みあさり、がん細胞の21種類の遺伝子を調べて再発の可能性や手術後の抗がん剤の効…

この記事は有料記事です。

残り1228文字(全文1461文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 千葉のホテル チャーシュー無許可製造 金属片混入で発覚
  2. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
  3. 男児熱射病死 救急要請遅れか マニュアル具体的指示なし
  4. コトバ解説 「熱中症」と「熱射病」の違い
  5. 東京都 築地市場、豊洲開場日に解体着手

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]