メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本学術会議

軍事研究巡る声明決議 来月の総会経ず

 科学者の代表機関・日本学術会議は、半世紀ぶりに今月打ち出した軍事研究を巡る声明案について、24日の幹事会でほぼ原案通りに決議した。声明案をまとめた検討委員会は、声明の重みや歴史的経緯を踏まえ、全会員が出席する4月の総会での採決を求めてきたが、総会での議論を経ないまま決定した。【千葉紀和】

 科学者が戦争協力した反省から、学術会議は1950年と67年に戦争と軍事目的の研究を行わないとする声明を決議している。新たな声明は、過去2回の声明を「継承する」と明記し、研究の適切さを審査する制度を各大学などに設けるよう求めたのが特徴。拘束力はないが、大学などの対応の指針となる。

 過去の声明は総会で決議されたが、現在は制度改正で会長を中心とする幹事会で採決することが通例となって…

この記事は有料記事です。

残り1497文字(全文1832文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 最先端の電子顕微鏡が損傷 大阪大
  2. 大阪震度6弱 ブロック塀危険性 外部専門家が2度指摘
  3. 東京湾 クジラ目撃情報 ゲートブリッジや葛西海浜公園で
  4. 第100回全国高校野球 大阪大会、来月7日開幕 南北の2地区で /大阪
  5. 堺・男性殺害 逮捕の姉、事件前に「練炭自殺」検索

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]