メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

危機の20年

北田暁大が聞く 第12回 ゲスト・萱野稔人さん 論壇、言論と政治(その1)

 冷戦構造、55年体制崩壊以後の政治、経済、社会と現在を北田暁大・東京大教授(社会学)が、各界の識者と議論した本連載。最終回のお相手は、萱野稔人・津田塾大教授(哲学)だ。主に、この間の論壇、言論と政治の状況について話し合った。【構成・鈴木英生。写真・猪飼健史撮影】

マルクス主義の衰退が構造への問いを弱めた

 北田 ナショナリズム批判は「68年」=注<1>=から左派の課題で、1990年代以降も、カルチュラルスタディーズ、ポストコロニアリズム=注<2>=といった学問潮流がテーマにしてきました。ですが今、ナショナリズム、排外主義的な傾向はとどまるところを知らず、批判する側にも以前の主張を忘れたかのように流れに棹(さお)さす人すらいます。

 萱野 この20年ほどの論壇は、理論への敬意が低くなったと感じます。代わりに、物事を善悪や道徳で判断…

この記事は有料記事です。

残り1705文字(全文2072文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. カネテツ ウナギ高騰 本物そっくり「ほぼうなぎ」販売
  2. 藤枝小4切りつけ 「いじめの復讐」 18歳容疑者説明
  3. サッカー日本代表 トルシエ氏 1次L突破「可能性ない」
  4. BPO TBS番組が審理入り
  5. 名人戦 佐藤が3連覇 4勝2敗で羽生降す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]