メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長野ヘリ墜落

県庁など家宅捜索 県警、事故原因特定へ

消防防災ヘリコプターの墜落現場を調べる捜査員ら=長野県松本市の鉢伏山で2017年3月7日、本社ヘリから

 長野県松本市の鉢伏山(1929メートル)に県の消防防災ヘリコプター「アルプス」が墜落し9人が死亡した事故で、県警は25日、ヘリを運航していた県庁(長野市)や県消防防災航空センター(松本市)など関係先を業務上過失致死容疑で家宅捜索を始めた。県警は、墜落時の機内の様子などを収めたカメラ映像の任意提出を県から受けたが、事故の原因特定には詳細な運航記録の押収などが不可避と判断し、強制捜査に踏み切ったとみられる。

 ヘリは5日午後1時半ごろ、山岳遭難の救助訓練に向かうため松本空港(松本市)を離陸したが、約15分後…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 鈴木伸之、初始球式で122キロの快速球&腹筋チラリ メンディーの133キロは「あらためてスゴい」
  2. 2億円超記載漏れ「常軌を逸している」 維新との対決を評価する声も 堺市民の声
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 白鵬の「三本締め」は何が問題なのか 横審の考え、相撲ファンの声
  5. 幼稚園バスなど5台絡む多重事故で2人死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです