メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

佐世保市

英語で交わる街に 事業推進へフォーラム 「身近な異文化」生かし /長崎

 英語を身近に感じられる都市を目指して、佐世保市は新年度から英語学習環境の充実を柱とする新規事業「英語で交わるまちSASEBOプロジェクト」に取り組む。25日、同市平瀬町の市民文化ホールで市民にプロジェクトのスタートをPRするフォーラムを開き、地元出身で2015年ミスユニバース日本代表の宮本エリアナさん(22)らが外国人と気軽に接することができる佐世保の魅力などを語った。【浅野孝仁】

 宮本さんは米国人の父と日本人の母の間に生まれ、中学まで佐世保で過ごした。高校入学時に米国に留学する…

この記事は有料記事です。

残り395文字(全文638文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 詐欺的サブリース 広がる 不動産業者、若者狙う 二重契約でローン一部ピンハネ 一括返金請求の恐れ
  2. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  3. 離婚慰謝料 不倫相手が賠償、判断 最高裁弁論
  4. 定年離婚 妻は真剣? 子どもあり28%「考えた」
  5. 硫黄島遺骨 DNA鑑定拒む 「遺品なし」理由 厚労省

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです