メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ブラジル

「食肉に水」 衛生管理不正、業者ら26人逮捕

 【サンパウロ朴鐘珠】ブラジルの食肉加工会社が衛生基準を満たさない食肉を販売していた疑惑で、連邦警察は23日までに、農牧・食料供給省の食肉検査官3人と、食肉加工業者の幹部や獣医師ら計26人を贈収賄と衛生基準法違反の容疑で逮捕した。疑惑を巡り、日本はすでに対象施設からの輸入を一時停止している。肉に水を含ませる「かさ増し」などの不正があり、検査官は不正を見逃す見返りに業者から賄賂を受け取った疑いがあるという。

 容疑は17日、連邦警察が食肉加工場21施設を家宅捜索して発覚。消費期限表示の書き換えや、加熱処理が…

この記事は有料記事です。

残り575文字(全文829文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大量懲戒請求 賛同した女性「洗脳状態だった」
  2. 2018年問題 変わる「非正規」のルール 4月と10月
  3. ORICON NEWS 博多華丸・大吉、芸歴28年で初ANN 念願成就に喜び「まさか現実になるなんて…」
  4. コスモス 秋の大地、染め上げて 500万本見ごろ 兵庫
  5. 麻生太郎氏 河野外相に「常識を磨かないといかん」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです