メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鉄路の行方・JR発足30年

/5止 JR西日本・四国 「罰」より事故予防

 「ミスをした場合、『乗務から戻ったら何を言われるんやろ』とビクビクしていた。そんなプレッシャーがなくなった」。JR西日本の30代の男性運転士が胸中を明かした。

 JR西は2016年4月、運転士らの人為的なミス(ヒューマンエラー)について、事故が起きた場合も含めて懲戒処分の対象から外した。ミスに至ったプロセスを重大事故の未然防止に役立てるのが目的だ。きっかけは、05年4月の福知山線脱線事故だった。

 乗客106人が死亡するという大事故について、国の航空・鉄道事故調査委員会(現運輸安全委員会)は07…

この記事は有料記事です。

残り1429文字(全文1678文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  2. 佳子さまがICU卒業 「充実した学生生活に感謝」
  3. 乳がん さいたま出身の54歳北村さん、自らの体験出版 ありのままの大切さ思い 術前と術後の写真掲載 /埼玉
  4. 札幌で雪 冬に逆戻り 24日まで気温低く
  5. 女性用アダルトグッズ、百貨店で好評 展開仕掛ける女性広報の思い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです