メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鉄路の行方・JR発足30年

/5止 JR西日本・四国 「罰」より事故予防

 「ミスをした場合、『乗務から戻ったら何を言われるんやろ』とビクビクしていた。そんなプレッシャーがなくなった」。JR西日本の30代の男性運転士が胸中を明かした。

 JR西は2016年4月、運転士らの人為的なミス(ヒューマンエラー)について、事故が起きた場合も含めて懲戒処分の対象から外した。ミスに至ったプロセスを重大事故の未然防止に役立てるのが目的だ。きっかけは、05年4月の福知山線脱線事故だった。

 乗客106人が死亡するという大事故について、国の航空・鉄道事故調査委員会(現運輸安全委員会)は07…

この記事は有料記事です。

残り1429文字(全文1678文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 梅毒啓発へ漫画「コウノドリ」無料公開 講談社
  2. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  3. ふたご座流星群、14日ピーク 夜半過ぎから好条件で観測
  4. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  5. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです