メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鉄路の行方・JR発足30年

/5止 JR西日本、四国 「罰」より事故予防

 「ミスをした場合、『乗務から戻ったら何を言われるんやろ』とビクビクしていた。そんなプレッシャーがなくなった」。JR西日本の30代の男性運転士が胸中を明かした。

 JR西は2016年4月、運転士らの人為的なミス(ヒューマンエラー)について、事故が起きた場合も含めて懲戒処分の対象から外した。ミスに至ったプロセスを重大事故の未然防止に役立てるのが目的だ。きっかけは、05年4月の福知山線脱線事故だった。

 乗客106人が死亡するという大事故について、国の航空・鉄道事故調査委員会(現運輸安全委員会)は07…

この記事は有料記事です。

残り1407文字(全文1656文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ロシアメディア、紀平をたたえる 王位は「驚異の日本人に」
  2. ニセコイ 2年ぶり復活 新作読み切り「ジャンプ」掲載へ
  3. 紀平梨花、GPファイナル初優勝 デビューシーズンで制覇の快挙
  4. 東名あおり運転事故、連日審理 状況明らかに 10日求刑公判
  5. 津のGSで灯油にガソリン混入 消防が注意呼びかけ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです