メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鉄路の行方・JR発足30年

/5止 JR西日本、四国 「罰」より事故予防

 「ミスをした場合、『乗務から戻ったら何を言われるんやろ』とビクビクしていた。そんなプレッシャーがなくなった」。JR西日本の30代の男性運転士が胸中を明かした。

 JR西は2016年4月、運転士らの人為的なミス(ヒューマンエラー)について、事故が起きた場合も含めて懲戒処分の対象から外した。ミスに至ったプロセスを重大事故の未然防止に役立てるのが目的だ。きっかけは、05年4月の福知山線脱線事故だった。

 乗客106人が死亡するという大事故について、国の航空・鉄道事故調査委員会(現運輸安全委員会)は07…

この記事は有料記事です。

残り1407文字(全文1656文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 高齢秋田犬がお手柄 散歩中におばあちゃん助ける
  2. 男女一緒、あらためて大人の性教育 60代も学んだ最新の避妊法
  3. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格
  4. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
  5. 他人のPCで「無断採掘」無罪 仮想通貨のプログラム設置男性 横浜地裁判決

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです