メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外「はれのひ」社長 詐欺容疑で逮捕
家電

ついに登場した全自動洗濯物たたみマシン「ランドロイド」とは?(GetNavi web)

情報提供:GetNavi web

洗濯機や乾燥機の性能は日進月歩。家事時間の時間短縮によって、私たちの暮らしはどんどん快適になってきました。ところが不思議なことに、洗濯・乾燥が終わった後の洗濯物を畳む作業はずっと手動のまま。乾いた洗濯物がソファの上にたまりにたまって、週末のお出かけや趣味の時間に支障をきたしているという方も、意外に多いのではないでしょうか。

 

そんな、昔からあるけどなかなか解決できない潜在ニーズをいち早くつかんで、世界初の全自動衣類折りたたみ機の開発を着々と進行していたモノづくり集団が存在していたのです。歴史をさかのぼると、全自動衣類折りたたみ機ランドロイドのコンセプトモデルがCEATEC JAPANで初お披露目されたのが2015年10月。驚いたことに、全自動衣類折りたたみ機の構想は、2005年から、世の中にないモノを創り出す技術集団、(正式名称:セブン・ドリーマーズ・ラボラトリーズ株式会社)の中で独自にスタートしていたとのこと!

 

その後、2016年4月11日にセブンドリーマーズ、パナソニック、大和ハウス工業三社がランドロイドの商品設計、量産化開発、製造および販売を行うことを目的とした合弁会社(正式名称:セブン・ドリーマーズ・ランドロイド株式会社)を設立。継続して開発が進められてきました。そして、このたび2017年5月30日予定でランドロイドの購入予約をスタートすると発表されました。出荷は現在のところでは2017年末の予定とされています。製品の仕様、詳細は公表されていない段階ですが、仮の価格は185万円(!/税抜)からと、3月16日に発表されたのです。

 

ここで5月30日より予約購入が始まる全自動衣類折りたたみ機ランドロイドが目指しているところを、簡単にご紹介しましょう。

 

洗濯後に乾いた衣類を入れるだけ

全自動衣類折りたたみ機ランドロイドの試作機は、家族構成6人くらいまでが使うような家庭用の大型冷蔵庫くらいの大きさ。一番下の冷蔵庫ドア位置あたり衣類をランダムに投入し、ドアを閉めたのち運転をスタートさせます。するとランドロイド機内でロボットアームが衣類を1枚ずつ、「つかみ」「広げて」、「画像解析」し衣類を識別します。

↑洗濯物をランダムに投入しても全自動で折りたたみ、仕分けまでしてくれる↑洗濯物をランダムに投入しても全自動で折りたたみ、仕分けまでしてくれる

 

そしてベストなたたみ方を判断し「折りたたみ」「仕分け」をして「収納」するという一連の動作を全自動で行います。衣類投入から折りたたんで、収納するまでの所要時間は、衣類にもよりますが約5~12分。所要時間の幅が大きいようにも感じますが、その時間の多くは投入した洗濯物を広げて特徴を認識する時間とのことで、学習機能によりデータが蓄積されていくほど時間は短くなります。音のレベルは35 dB(デシベル)を目指しているとのこと。日常生活で「静かだ」と感じるのは45dB以下といわれているので非常に高い目標。実際に稼働するデモ機を撮影した限りですが音が気になるということはありませんでした。

↑投入は色別に分けたり、特別きれいに揃えたりする必要はないとのこと↑投入は色別に分けたり、特別きれいに揃えたりする必要はないとのこと

デモ機はTシャツ1枚をたたんで、定位置に収納するまでの実演でしたが、製品版はきれいにたたんで収納するだけでなく、ポロシャツやTシャツなどのアイテム別に仕分けて収納したり、衣類を家族構成別に仕分け収納したりすることもできるそう。さらにA.I.が学習して過去のデータを蓄積していくので、ランドロイドは使うごとに賢く進化・成長していくというのも先進性を感じます。

↑ランドロイドの内部ではロボットアームが1枚ずつ洗濯物を広げ、形状や色柄などを画像解析する↑ランドロイドの内部ではロボットアームが1枚ずつ洗濯物を広げ、形状や色柄などを画像解析する

 

↑約5~12分で所定の位置に収納されるように開発が進められている↑約5~12分で所定の位置に収納されるように開発が進められている

 

↑実際にデモンストレーション版のランドロイドが全自動でたたんだTシャツ。まるでブティックの商品のようにきれいにたたまれていました↑実際にデモンストレーション版のランドロイドが全自動でたたんだTシャツ。まるでブティックの商品のようにきれいにたたまれていました

 

現在製品化に向けて最終段階に入り、2017年5月30日に予約販売スタート予定のランドロイドは、ハードウェアとしては完成したもので、ソフトウェアに関しては購入後もアップデートできて進化し続けるモデルになる見込みだそうです。「世界初の全自動衣類折りたたみ機をいち早く体験したい」という、新しい物を先行して手に入れたい方々にお届けするモデルという位置づけになる予定です。

 

また同時に、ランドロイドの世界観をイチ早く体験できるカフェレストラン「/ laundroid cafe(ランドロイド・カフェ)」が東京・表参道に、3月18日オープン。カフェの運営企画は飲食系スタートアップのfavyとセブンドリーマーズが共同で担当。カフェスペースは気軽に語らえる場所として、昼間はこだわりのハンドドリップコーヒーや併設する「GOMAYA KUKI」の超特濃「ごまアイス」が味わえます。また夜は完全会員制の“焼かない焼き肉屋”「29ON(ニクオン)表参道店」として、スペシャルディナーを楽しむことができます。

↑3月18日に表参道にオープンしたランドロイド・カフェは飲食系スタートアップのfavyとセブンドリーマーズが共同で運営する常設店。今後は購入者限定のイベントなどにも活用される予定↑3月18日に表参道にオープンしたランドロイド・カフェは飲食系スタートアップのfavyとセブンドリーマーズが共同で運営する常設店。今後は購入者限定のイベントなどにも活用される予定

 

こちらの店内には開発中のランドロイドのティザーモデルを設置。このティザーモデル、稼働はしませんが、洗濯した衣類を入れる場所や折りたたまれる場所を確認することができます。

 

さらに、ガラスで仕切られたランドロイドルームは、ランドロイド購入者だけが利用できるプライベート空間になっています。こちらではプロジェクションマッピングを駆使した演出も用意し、その様子を見ながら29ONのスペシャルディナーを堪能。ランドロイドルームに置かれたティザーモデルは稼働するので、衣類を投入してから全自動で折りたたまれるまでをより身近に感じてもらうことができるスペシャルルームになっています。

↑カフェの隣にガラスで仕切られたランドロイドルームでは、カフェで用意した洗濯物をランドロイドが全自動で折りたたむ様子が見られる稼働するティザーモデルが置かれている。このスペースはランドロイド購入者だけが利用可能となっています↑カフェの隣にガラスで仕切られたランドロイドルームでは、カフェで用意した洗濯物をランドロイドが全自動で折りたたむ様子が見られる稼働するティザーモデルが置かれている。このスペースはランドロイド購入者だけが利用可能となっています

現在、ランドロイドでは期待を寄せている方々に対して「/ laundroid購入宣言キャンペーン」を実施中。このキャンペーンでは4月30日まで、SNS上でランドロイド購入意思を表明した後、実際に購入することで各種特典を提供するというもの。

 

特典は次のとおりです。

 

1.予約の取れない有名店「29ON」プロデュースの絶品の肉料理を味わいながら、迫力の映像演出を楽しめるランドロイド・カフェ「1回利用権(最大6名様まで無料)」を抽選で50組にプレゼントというもの。購入宣言自体は無料で、ランドロイドの成約を必ずしも約束するものではないとのいう気前のよいプレゼントキャンペーンとなっています。

 

そのほかにも、

2.SNSで購入宣言&ランドロイドご成約で、購入先着100名に購入金額から10万円をキャッシュバック。

3.購入者全員にランドリーバッグをプレゼントという内容です。

 

予定価格185万円(税抜)からということなので、購入まで気軽にとはいかないかもしれませんが、興味を持たれた方は「ランドロイドを買いたい! 欲しい!」という気持ちだけでもSNSに宣言してみてはいかがでしょうか。

 

キャンペーンに関する詳しい条件、また最新のランドロイド情報については公式ホームページをご確認ください。

 

文・構成=プロデュース・オン・デマンド 撮影=若林良次、プロデュース・オン・デマンド(カフェ分)

 

【URL】

何気ない日常を、大切な毎日に変えるウェブメディア「@Living(アットリビング)」

http://at-living.press

情報提供:GetNavi web


毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サッカー日本代表 「西野監督ごめんなさい」ネットに続々
  2. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
  3. 将棋 藤井七段、王座戦タイトル初挑戦まであと2勝
  4. 晴れ着トラブル 「はれのひ」社長に逮捕状 詐欺容疑
  5. サッカーキング 白星発進の日本、試合後はサポーターがゴミ拾い…コロンビア紙が賛辞

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]