メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

残業上限「月100時間」 政労使合意 これは「過労死の合法化」だ

電通の新入社員の過労自殺で、残業時間の上限規制は安倍晋三内閣の重要課題に。「月100時間未満」などとする政府案に、経団連の榊原定征会長、連合の神津里季生会長は合意したが、労働者からは反対の声が上がる

 批判の声が収まらない。政府が今月、長時間労働の是正策として「残業時間の上限は繁忙期には月100時間未満」と定めたことにだ。「働き方改革」は安倍晋三首相肝煎りの政策だったはずなのだが……。背景を探ると、政権の本音が浮かび上がる。【小林祥晃】

「月80時間でも危ない」と弁護士/政府の「働かせ方改革」なのか…

 「月100時間の残業は、人が死ぬかもしれない労働時間。死ぬまで働けと言っているのと同じだ」

 東京・永田町の参院議員会館で15日に開かれた緊急集会。過労死した会社員の遺族や、弁護士ら約200人…

この記事は有料記事です。

残り2426文字(全文2674文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天然記念物のジュゴン1頭の死骸発見 沖縄
  2. 準強姦で起訴の男性会社役員に無罪判決 地裁久留米支部
  3. 盛岡の40代同性カップルがフォトウエディング 企画の団体「地方まだ理解進んでいない」
  4. 青森市議、今度は盗聴疑い 議員控室内をスマホで録音
  5. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです