メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東名あおり「危険運転」認める 懲役18年
写真展

「もみじの家の一年」 病気の子の存在知って 31日まで世田谷 /東京

 重い病気の子どもと家族のための医療型短期入所施設「もみじの家」(世田谷区大蔵2)が来月、開設1年を迎える。施設のある国立成育医療研究センターで、利用者の様子をプロのカメラマンが撮影しパネル展示した写真展「もみじの家の一年」が開かれている。担当者は「写真展を見た人が、病気の子の存在や家族が抱える問題を知るきっかけになれば」と話している。

 施設は英国発の「子どもホスピス」を参考に昨年4月に設立された。たん吸引など医療的ケアが必要な子ども…

この記事は有料記事です。

残り350文字(全文569文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  2. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  3. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  4. 東名あおり、石橋被告に懲役18年 危険運転致死傷罪を認める
  5. 注意され「カチンときた」 東名あおり事故、被告人質問

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです