メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

歴史ウオーカー

/110止 猿猴庵が描いた天白区音聞山を歩く=長屋良行 /愛知

名古屋市内とは思えぬ絶景

 「猿猴庵(えんこうあん)」をご存じだろうか。本名は高力種信、尾張藩に仕えた武士である。この男、役人としてはごく普通であったが、無類の記録魔で、絵と文の才能を生かし、寺社、名所、祭りなど「名古屋城下の出来事」を、生き生きと書き記している。

 今回は、その猿猴庵が「庶民の行楽地」として描いた名古屋市天白区音聞山を歩いてみたい。スタートは地下鉄鶴舞線・名城線の八事駅。2番出口を出たら左折し「八事南」の交差点を渡り天道坂を上る。

 猿猴庵は、宝暦6(1756)年に名古屋で生まれた。17歳の時から76歳で没するまでに「猿猴庵日記」…

この記事は有料記事です。

残り791文字(全文1065文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 ボランティアで暑さと闘う注意点
  2. コトバ解説 「熱中症」と「熱射病」の違い
  3. 猛暑 校外学習の小1男児が熱射病で死亡 愛知・豊田
  4. 「熱中症」診断 実は脳梗塞…家族「すぐに分かれば」
  5. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]