メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ならの底力!元気企業を訪ねて

岡本(広陵町)/上 本物の靴下作りの信念 /奈良

 「世界的に見たら繊維産業は決して衰退産業ではありません。しかし日本の従来の発想では衰退産業になってしまいます。需要に見合う産業になるように作り変えていくのがメーカーの使命です」。靴下などのレッグウェアの製造卸販売「岡本株式会社」の岡本哲治社長(68)はこう断言する。生活者の立場に立った商品を社会に送り出す一方で、磨き上げられたニッティング技術による新しい市場の開拓を目指している。【松本泉】

 生活者の視点を押さえながら、「原料の糸に何が必要か」「どのような編み機が求められるのか」「生産ライ…

この記事は有料記事です。

残り1061文字(全文1308文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴
  3. BTS 絶叫、すすり泣き…騒動の渦中、コンサートでは何が 会場外ではファン批判演説
  4. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  5. ライフスタイル 仕事がデキる人はもれなく「習慣の奴隷」である ──『天才たちの日課』(GetNavi web)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです