メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外池袋で車衝突、10人けが 女性と子供が意識不明
三沢基地に一時配備され、報道陣に公開されたグローバルホーク=米軍三沢基地内で

 「米軍の防衛義務を考えれば、あまり踏み込めない。『訓練再開は仕方ない』で片付けるのはまずいのだろうけど……」。米軍機の墜落事故への対応について、1998年度から2001年度まで三沢市基地対策課長を務めた中村純孝さん(68)はこう振り返った。

 01年4月、三沢市天ケ森沖で訓練中のF16戦闘機が墜落。だが米軍は市が了承する前に訓練を再開した。飛行自粛を求める市の抗議に「再開は三沢市に通知した。市へ再開の許可を求めたのではない」と回答。事故を不安視する住民感情をよそに、再開を当然視する米軍の対応が批判された。「基地と共存共栄」を掲げる三沢でも日米地位協定の改定に言及する声が上がるほどだった。

 だが、日本に駐留する米軍関係者(米兵、米兵の家族、軍属)の身分を保証する「日米地位協定」第3条は、…

この記事は有料記事です。

残り808文字(全文1155文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 辺野古取材の池上彰さんを撮影 「マスコミ特定」反対派リスト作成の警備会社が指示
  2. トランプ氏「これで私は終わりだ」 司法妨害の疑い言及 米ロシア疑惑報告書
  3. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  4. 首相側近・萩生田氏、増税先送り可能性に言及 与党にも波紋「何を勝手に言っているんだ」
  5. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです