メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

写真展

原発事故テーマ 「風化させたくない」 山形 /山形

チェルノブイリの原発事故で被災した人々の写真を眺める来館者=山形市緑町1の遊学館で

 旧ソ連(現ウクライナ)で1986年に起きたチェルノブイリ原発事故と、東京電力福島第1原発事故をテーマにしたフォトジャーナリストの広河隆一さんの写真展が、山形市緑町1の「遊学館」で開かれている。企画した南陽市郡山、無職、長島黎二(れいじ)さん(75)は「山形の人も写真を見て、原発事故を自分のこととして考えてほしい」と呼びかけている。

 会場では、チェルノブイリ原発事故で被災し、白血病や甲状腺がんと闘う子供の写真や、福島の原発事故で置…

この記事は有料記事です。

残り245文字(全文462文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 私立岩田中 体育で倒れ3年生死亡 遺族と学校、県庁で協議 第三者交え再調査へ /大分
  2. 「次世代加速器」誘致支持せず 日本学術会議
  3. 札幌爆発事故 割れた窓、募る寒さ 本格復旧は来年へ
  4. 店長と従業員、スプレー缶の可燃性を認識せず 爆発は廃棄の120本 札幌
  5. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです