メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップおおいた

県議の政活費、使途基準に新マニュアル。それでも…完全な不正防止、困難 /大分

チェックの「目」増に期待

 県の政策の調査研究のために県議に月30万円を前払いする政務活動費。全国的に不正や疑惑が相次ぐ中、県議会は使途基準マニュアルを一部変更し、領収書をインターネット上で公開することも決めた。透明性の向上が期待される。一方で新マニュアルでも不正や「抜け道」を完全に防ぐのは難しい。税金を投じる政活費への監視はなお不可欠だ。【池内敬芳】

 制度の最大の変更点は、自家用車を使って政務活動をした場合の燃料代(ガソリン代)の扱い。政活費の支出…

この記事は有料記事です。

残り1375文字(全文1601文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 最後の通話「やばい…」高3植木さん死亡確認
  2. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
  3. レゴランド 隣接の商業施設苦戦 開業1年余で12店撤退
  4. 宮内庁 小室圭さんについて「婚約状態ではない」
  5. 第100回全国高校野球 南北埼玉大会 埼玉栄敗れる 浦学、花咲徳栄など8強 /埼玉

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]