メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊サッカー

J1本拠地、スマート化進む 高速通信で快適観戦 高密度Wi-Fi情報発信

NACK5スタジアムに設置されたワイファイのアンテナ=J1大宮提供

 情報通信技術(ICT)を活用して競技場のファンサービスを向上させる「スマートスタジアム」化の波がJリーグに広がりつつある。高密度の無線LAN「Wi-Fi」(ワイファイ)や独自のコンテンツを配信するクラブが現れ、JリーグはJ1の本拠地を順次、スマートスタジアム化するプロジェクトを今季から始めた。多様なサービスを提供して利便性や快適性を高め、リピーターを増やしてファン層を広げる狙いも見え隠れする。ICTによってサッカー観戦はどう変わるか。【谷口拓未、大谷津統一】

 先行するのはNTTを事実上の親会社に持つJ1大宮だ。昨年7月、本拠地のNACK5スタジアム(さいた…

この記事は有料記事です。

残り1672文字(全文1954文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米子東の選手がベンチ入りせず
  2. 企業の「英国離れ」加速 EU離脱控え、リセッション陥る可能性
  3. 副町長が車庫入れで頭ぶつけ死亡 福井・若狭
  4. 英国 2度目の国民投票求め、数十万人デモ
  5. ジャカルタ、初の都市高速鉄道が開業 一部が地下鉄 日本が全面支援

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです