メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊サッカー

J1本拠地、スマート化進む 小笠原賀子・NTT2020レガシー担当部長(45)に聞く

ICTでスポーツ応援

 Jリーグ、英パフォーム社とともにJ1の本拠地を「スマートスタジアム」化する事業に取り組むNTT。現状と今後の展望を小笠原賀子・新ビジネス推進室2020レガシー担当部長(45)に聞いた。【大谷津統一】

 --スマートスタジアム事業に乗り出した経緯は。

 欧米が先行し、2020年の東京五輪・パラリンピックを契機に日本でも広がると言われていたが、国内に実例はなかった。昨年、NTTグループが経営するJ1の大宮でスポーツの魅力を情報通信技術(ICT)で引き出してみようと始めた。数千、数万の人が来るのにサッカーを見るだけではもったいない。周りの地域に興味を持ってもらい、楽しんでお金を落としてもらえる仕掛けもクラブと一緒に考えている。

この記事は有料記事です。

残り890文字(全文1213文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いつか酒でも飲みながら」ゴジラ、イチロー引退にしみじみ
  2. 第91回選抜高校野球 きょう開幕 父追い、聖地に一歩
  3. NGT48・山口さん調査報告書に「嘘ばかり」 運営会社側は否定
  4. 民放ラジオ縮小へ ワイドFM統合前提 民放連が要請方針
  5. トゥルシンバエワ「信じられない」シニア女子初の4回転サルコウ成功

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです