メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高浜原発

再稼働可能に…大阪高裁が運転差し止め取り消し

関西電力高浜原発3号機(左)。右は4号機=福井県高浜町で、本社ヘリから幾島健太郎撮影

 関西電力高浜原発3、4号機(福井県高浜町)の運転を差し止めた昨年3月の大津地裁の仮処分決定を巡り、大阪高裁(山下郁夫裁判長)は28日、関電の保全抗告を認め、地裁の判断を取り消す決定を出した。決定は即座に効力を持つため、1年ぶりに2基の再稼働が法的に可能になった。

     仮処分は高浜原発から70キロ圏内に住む滋賀県の住民29人が申し立て、原発の過酷事故が起きれば平穏に暮らせる人格権が侵害されると訴えた。

     大津地裁は昨年3月、3、4号機の運転を差し止める仮処分決定を出した。関電はこの決定に対する保全異議と仮処分の執行停止を申し立てたが、地裁の同じ裁判長が審理し、いずれも退けた。これを受け、関電は昨年7月、高裁に保全抗告を申し立てていた。

     3、4号機は2015年2月に国の新規制基準に合格した。昨年1月以降に再稼働したが、4号機は機器のトラブルで再稼働の直後に緊急停止。3号機は大津地裁の決定で運転を止めた。【向畑泰司】

    高浜原発

     福井県高浜町にある関西電力の原発で、1~4号機とも加圧水型。1974年に1号機、75年に2号機(ともに出力82.6万キロワット)、85年に3、4号機(同87万キロワット)が営業運転を開始した。原子力規制委員会の安全審査に合格した3、4号機は昨年1~2月に再稼働したが、4号機は直後にトラブルで緊急停止。さらに大津地裁が運転差し止め仮処分を決定し、2基とも運転停止中。1、2号機は運転期間が40年を超しているが、昨年6月に20年の運転延長認可を受け、再稼働に向けた準備が進められている。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. アジア大会 バスケ4選手が買春か JOC処分、帰国の途
    2. アジア大会 「買春、浮ついた気持ちで」バスケ4選手謝罪
    3. ORICON NEWS 『銀魂』9月15日発売の『週刊少年ジャンプ』で完結 作者の初連載作品15年の歴史に幕
    4. 競泳 二枚看板沈む 萩野銀、瀬戸銅 400個人メドレー
    5. 夏の高校野球 秋田県内が「金農フィーバー」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです