メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

てんかん5人死傷事故

検察側、懲役8年を求刑 東京地裁

 東京都豊島区のJR池袋駅前で2015年8月、てんかん発作で乗用車を暴走させ歩行者5人を死傷させたとして自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)に問われた医師の金子庄一郎被告(55)に対し、検察側は27日、東京地裁(家令和典裁判長)の公判で懲役8年を求刑した。弁護側は「発作の危険性を事前に認識できなかった」と無罪を主張して結審した。判決は6月27日。

     検察側は論告で、被告が過去に意識障害を伴う発作を繰り返していたことを指摘。「発作の危険性を十分に認識していた。交通法規を軽視する態度が甚だしい」と強調した。一方、金子被告は最終意見陳述で「誠に申し訳ない。事故を起こそうとの気持ちはなく、危険運転を受け入れるつもりはない」と述べた。【近松仁太郎】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 南北首脳会談 両首脳が握手 金正恩氏初めて韓国側に
    2. 中学の性教育授業 都と足立区が火花 避妊の方法はだめ?
    3. 南北首脳会談 文在寅氏も北朝鮮側へ 軍事境界線またぐ
    4. 南北首脳会談 きょう 北朝鮮、幹部勢ぞろい 韓国、「本気度」を注視
    5. ORICON NEWS メカゴジラとガンダムが夢の対決 『レディ・プレイヤー1』映像公開

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]