メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

つなぐ

/43止 誰も追い込まれない社会へ トップの理解と指導力が大切 /香川

取り組みについて説明する、自殺総合対策推進センターの本橋豊センター長=東京都小平市で、玉木達也撮影

 昨年4月からスタートした連載「つなぐ」。改正自殺対策基本法が同月施行したのを機に、自殺問題に取り組む人々を1年間、追って来た。最終回の今回は、自治体の自殺対策計画の策定に向けての動きを紹介する。

 改正法は、都道府県や市町村は地域の実情に応じて、自殺対策計画を「定めるものとする」と明記した。これを受けて厚生労働省やNPO法人「ライフリンク」などは「自殺対策トップセミナー」を開催している。

 セミナーでは今年度から来年度にかけて、全国47都道府県の各市町村長や担当者らを対象に、計画を作る上…

この記事は有料記事です。

残り473文字(全文718文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アジア大会 バスケ4選手が買春か JOC処分、帰国の途
  2. 辺野古移設 政府が遅延損害金請求検討 1日2000万円
  3. アジア大会 バスケ不祥事、4選手帰国 認定取り消し処分
  4. 西日本豪雨 あの尾畠さん、今度は広島のボランティアに
  5. 夏の高校野球 大阪桐蔭、済美降し4年ぶり決勝進出

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです