メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Country・Gentleman

大地に根を下ろす人への信頼=C・W・ニコル

雪の間から顔を出したフキノトウ=長野県信濃町で、C・W・ニコル・アファンの森財団提供

 <カントリージェントルマン>

 1962年の来日当初、日本語と悪戦苦闘していた私が真っ先に覚えた言葉の一つが「国」だった。行く先々で「国はどこか」と聞かれるたび、「英国(ブリテン)」と答えていた。当時、わが祖国ウェールズの名を知る日本人はいないに等しかったからだ。しかし、和製の「イギリス」という名だけは、断固として拒んだ。ウェールズ人、スコットランド人、北アイルランド人の誰ひとり、自分を「イギリス人」とは認めるまい。私の生まれはウェールズで、イングランドではない。要するに、「祖国」とは誇りと帰属意識(アイデンティティー)の問題なのだ。「英国人(ブリティッシュ)」と呼ばれる分には文句はない。

 さて、コラムのタイトルにある「カントリージェントルマン」とはいかなるものか--。英国紳士? ウェー…

この記事は有料記事です。

残り750文字(全文1098文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 深い傷 性暴力の現場から/上 告白の夜、夫婦で号泣 父から強姦、被害公表し支援側に
  2. 大西議員発言 名誉毀損認めず 高須クリニック側敗訴
  3. 特集ワイド 財務事務次官のセクハラ疑惑 あきれた政府の人権感覚
  4. 九大の森 静寂こそ…インスタ映えで殺到、閉鎖も検討
  5. 反セクハラ 自民・長尾氏、女性議員に「縁遠い方々」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]