メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

転勤、できますか?

/上 キャリアアップの裏で葛藤

「転勤でキャリアを積みたい」という清水さんだが、いずれは地元に帰るつもりだ=中村かさね撮影

 <くらしナビ・ライフスタイル>

 4月、自分や家族の転勤で新しい土地で生活を始める人も多いだろう。かつて正社員なら「辞令一本でどこへでも」が暗黙の了解だったが、共働きや介護しながら働く人が増え、転勤制度は曲がり角に来ている。

 ●夢への一歩全国へ

 今年1月、ハンバーガーチェーン「モスバーガー」の店長として東京都八王子市内で働く清水健司さん(32)は、運営母体モスストアカンパニー(MSC)の東日本支社長の訪問を受けた。「期待してるよ」という励ましとともに宇都宮市の新店舗へ異動を告げられた。前任地の札幌から転勤して2年半。意欲と同時に、別れの寂しさ、店一丸で取り組んできた目標を達成できずに去ることへの無念さもこみ上げてきた。

 MSCは「モスバーガー」を展開するモスフードサービスの子会社。全国展開を機に、2014年度から支社…

この記事は有料記事です。

残り1927文字(全文2290文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  2. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に
  3. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  4. 騒動 出川哲朗 イッテQ騒動に男気初対応、信頼貫く「頑張ってる」(スポニチ)
  5. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです