メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

震災から6年

埼玉の春 災害時医療機関、市内100施設を5分類 対応可能レベルで 草加 /埼玉

草加市が新たに発刊した「ハザードマップ」。手前の見開きページが「医療機関トリアージレベル一覧」

ハザードマップに掲載

 大地震が起きた場合に一人でも多くの命を救うために--。草加市と草加八潮医師会は同市内の医療機関100施設について、災害時の治療の対応可能レベルを5段階に分類した「医療機関トリアージレベル一覧」の表と地図を作製し、新しい「ハザードマップ」に盛り込んだ。「トリアージ」は、多数の負傷者が発生した場合に傷病の程度で選別し、治療の優先順位をつける救急システムだが、医療機関を「選別」する試みは全国でも珍しい。【武田良敬】

 両者は2008年、災害時に医療救護活動で協力する協定を結び、地域防災計画に基づく活動の具体化に取り…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 窃盗容疑でカーチェイスの男逮捕 愛知県警
  2. 世界経済・見て歩き 仏・フラン ルノー工場 ゴーン流、うんざり トイレは2回、過酷さに悲鳴
  3. 「世界中の労働者の敵」ゴーン被告、リストラ断行の仏でも怒りの声
  4. レーダー照射音公開へ、韓国側けん制「不正確な内容」
  5. 猛吹雪「ホワイトアウト」で家見えず 自宅数十センチ手前で凍死 北海道当別町

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです