メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

改正県動物愛護条例

罰則付、あさって施行 不幸な猫を減らしたい /和歌山

 繁殖力のある野良猫への餌やりなどを規制する改正県動物愛護条例が来月1日から施行される。一定の条件をクリアした猫以外に継続的に餌を与えたり、騒音や悪臭によって周辺環境が損われたりした場合、勧告や命令の対象となる。従わない場合は5万円以下の過料(罰則)が課される可能性もある。県は「今後も説明や指導を通じて、県民に条例を理解してもらい、少しでも不幸な猫を減らしていきたい」と話している。

 条例は、野良猫を増やす無秩序な餌やりを制限することで生活環境を守り、猫の殺処分を減らすのが目的。県…

この記事は有料記事です。

残り515文字(全文757文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自衛隊エピソードは空自幹部の息子 安倍首相明かす
  2. 墜落 空自戦闘機、山口沖に 乗員2人救助 築城基地所属
  3. 埼玉誘拐初公判 外出時助け拒まれ絶望…少女の調書明かす
  4. 埼玉少女誘拐 24歳被告「盗みより罪が軽いと思ってた」
  5. 防衛省 空自F2後継機は新規開発 既存改良はコスト高く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです