メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

原口氏、難病復帰後初の質疑

遺伝性の骨の難病で入院・治療を続けて今月に退院した後、衆院外務委員会で質問に立つ民進党の原口一博元総務相=国会内で2017年3月29日午後1時31分、川田雅浩撮影

 遺伝性の骨の難病を昨年12月に公表し、今月上旬まで入院していた民進党の原口一博元総務相(57)が29日の衆院外務委員会に出席し、復帰後初めての質問に立ち、北方領土問題や日韓関係などについて約45分間、質疑を行った。

     闘病公表後、安倍晋三首相もフェイスブックで激励メッセージを送っており、原口氏は「全国の難病で闘う皆さんにメッセージをいただいた」と語った。同席した岸田文雄外相は「闘う姿は多くの皆さんに勇気を与えたと思う」と励ました。【小田中大】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. O157 発症の総菜店が閉店
    2. 子ども食堂 参加条件「誰でも」8割 県が初調査、76カ所で活動を確認 県南部に多く活発 /埼玉
    3. メキシコ地震 「なぜ何度も災難に」32年前と同じ日に
    4. カップヌードル 話題の謎肉パック8時間で完売
    5. 聴覚障害 47歳、味に自信の串カツ開店 注文は紙に

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]