メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界フィギュア

ジャンプで転倒…三原SP15位

女子SPで演技する三原舞依=フィンランド・ヘルシンキで2017年3月29日、佐々木順一撮影

 【ヘルシンキ福田智沙】フィギュアスケートの世界選手権は29日、当地で開幕した。女子ショートプログラム(SP)が始まり、日本勢は樋口新葉(東京・日本橋女学館高)が65.87点で9位となったのが最高だった。ケガで欠場した宮原知子(関大)に代わって出場した本郷理華(邦和スポーツランド)は62.55点で12位、三原舞依(神戸ポートアイランドク)は59.59点で15位だった。

     いつもは安定している三原が大舞台で崩れた。ミスなく演技を終えると思われたが、最後の3回転フリップが2回転になってさらに転倒し、規定によりこのジャンプの得点がゼロに。「踏み切るときに跳び急いでしまった。気持ちの弱さが出た」とうなだれた。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 静岡・看護師遺体 逮捕監禁容疑の男、新潟市で遺体で発見
    2. サッカー日本代表 大迫決勝ヘッド コロンビアを撃破
    3. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
    4. 名人戦 持久戦模様の展開、羽生が封じる 第6局
    5. サッカー日本代表 香川PKで先制も、コロンビアが同点に

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]