メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鉄路の行方・JR発足30年

JR北・島田修社長に聞く 民営化、一定の成果 安全問題で経営危機に /北海道

インタビューに答えるJR北海道の島田修社長=竹内幹撮影

 国鉄の分割・民営化でJR北海道が誕生して、4月1日で30年を迎える。経営危機にある中、次の30年をどう見据えるのか。これまでの歩みを振り返りつつ、島田修社長に聞いた。【聞き手・野原寛史】

 --会社発足から30年が経過した。

無責任な経営だった国鉄を、民間手法で再生しようというのが原点。自主自立、地域密着がテーマだった。お客様第一も意識して努力した。競争力もつけなければならず、高速化や札幌圏の輸送サービスの充実に力を入れ、経営多角化に取り組んだ。ただ安全面では反省しなければならない。(2011年5月の)石勝線の特急脱線炎上事故以来、一連の安全問題を引き起こして経営危機に陥ってしまった。

 --民営化の成果は。

この記事は有料記事です。

残り1667文字(全文1973文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 早見あかり、婚姻届を提出 お相手は30代前半の会社員の男性、7月に婚約会見
  2. 逮捕前のゴーン前会長、西川社長の更迭計画 米紙報道
  3. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  4. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  5. ロシアメディア、紀平をたたえる 王位は「驚異の日本人に」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです