メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鉄路の行方・JR発足30年

解決すべき課題山積 経営環境大きく変化 /北海道

 JR北海道の発足から30年が経過し、経営を取り巻く環境は大きく変化、解決すべき課題が山積している。

鉄路縮小

 発足直後の1988年の運行路線は、道内20線区(区間)3192キロだった。赤字ローカル線の廃止が続き、現在は14線区2552キロまで縮小している。競合する高速道路がこの30年間で167キロから1118キロ(約6・6倍)まで延びたのとは対照的だ。

 旅客輸送人員は、札幌圏の増強により約3010万人増の1億3400万人となったものの、都市間の利用減…

この記事は有料記事です。

残り1457文字(全文1684文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神奈川・茅ケ崎 90歳運転、6人はねる 女性1人死亡
  2. SNS 性的画像「恋人なら共有」20代1割 注意喚起
  3. 参院予算委 首相、昭恵氏の影響否定 集中審議
  4. 参院予算委 首相、ヤジに気色ばむ 「関与なし」繰り返す
  5. リベンジポルノ 防止法2年 後絶たぬ 支援団体「拡散前相談を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]