メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

解体

追いつめられた東芝/中 再建へ「虎の子」も売却 技術流出懸念、政府「横やり」

 「半導体と原子力の2本柱でやっていくと言っていたじゃないか!」。東芝が主力の半導体事業を売却するため、分社化を決議した30日の臨時株主総会。株主からは怒号が飛び、迷走する経営への不満が噴出した。

 だが、米原発事業の失敗で1兆円超の空前の赤字に陥る東芝には、「虎の子」を売って資金を確保するしか生き残る道はない。3時間半近くの議論の末、分社化は承認され、綱川智社長は硬い表情のまま頭を下げた。

この記事は有料記事です。

残り2000文字(全文2196文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  3. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り
  4. 鹿児島高1自殺 「かばんに納豆巻き、いじめあった」認定
  5. 横審、白鵬の三本締めに違和感 「一力士としてやれる立場か」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです