メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

解体

追いつめられた東芝/中 再建へ「虎の子」も売却 技術流出懸念、政府「横やり」

 「半導体と原子力の2本柱でやっていくと言っていたじゃないか!」。東芝が主力の半導体事業を売却するため、分社化を決議した30日の臨時株主総会。株主からは怒号が飛び、迷走する経営への不満が噴出した。

 だが、米原発事業の失敗で1兆円超の空前の赤字に陥る東芝には、「虎の子」を売って資金を確保するしか生き残る道はない。3時間半近くの議論の末、分社化は承認され、綱川智社長は硬い表情のまま頭を下げた。

この記事は有料記事です。

残り2000文字(全文2196文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛毒魚、購入者が届け出「食べたが、元気だ」
  2. 世界の雑記帳 工場から液状チョコあふれ道路に、ドイツ西部で消防隊が緊急出動
  3. 服のにおい女性に嗅がせた51歳男逮捕
  4. ミナミ拠点の半グレ集団「アビス」リーダーら数十人逮捕 傷害容疑など
  5. 危険生物 徳島の磯で猛毒ダコ捕獲 注意呼びかけ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです