メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

解体

追いつめられた東芝/中 再建へ「虎の子」も売却 技術流出懸念、政府「横やり」

 「半導体と原子力の2本柱でやっていくと言っていたじゃないか!」。東芝が主力の半導体事業を売却するため、分社化を決議した30日の臨時株主総会。株主からは怒号が飛び、迷走する経営への不満が噴出した。

 だが、米原発事業の失敗で1兆円超の空前の赤字に陥る東芝には、「虎の子」を売って資金を確保するしか生き残る道はない。3時間半近くの議論の末、分社化は承認され、綱川智社長は硬い表情のまま頭を下げた。

この記事は有料記事です。

残り2000文字(全文2196文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメリカンフットボール 悪質反則 日大、消せぬ不信感 コーチ発言に矛盾
  2. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感
  3. アメフット 学内から批判噴出 父母会などが行動起こす
  4. アメフット 日大会見「火に油」の司会は元ジャーナリスト
  5. アメフット 日大学長が緊急会見 一問一答

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]