メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サンショウの木を前に「芽が少しふくらんでいますね」と解説する松田美智子さん=和歌山県紀美野町の「宇城農園」で

 本州最南端の紀伊半島に位置する和歌山。温暖で土地の起伏に富み、かんきつ類や梅をはじめとする食の宝庫だ。料理研究家の松田美智子さんと訪ねた。

 --料理研究家・松田美智子さん

 ●サンショウ原産地

 「昔ながらの和の食材が絶えぬよう、大切に伝えていきたい」。松田さんが思いを寄せるのがサンショウだ。日本原産で、7割が和歌山県で収穫される。ミカン科に属し、中でも大粒で風味の強い「ぶどうサンショウ」は有田川周辺が原産地とされる。

 5月の収穫にはまだ遠いが紀美野町の宇城農園に向かった。山に囲まれ、2月でも緑が美しい濃淡を見せる。…

この記事は有料記事です。

残り1640文字(全文1900文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮内庁 永久保存の公文書1冊が所在不明
  2. プレスリリース ジャイアントパンダの赤ちゃん(2日齢) 母親「良浜(らうひん)」からの授乳を確認できました(共同通信PRワイヤー)
  3. 浜松 市議がアダルト動画投稿 10万円利益 辞職願提出
  4. 富田林署逃走 捜査かく乱か ひったくり携帯投棄の疑い
  5. 2歳児保護 見つけた尾畠さん「ぼく、ここ」うれしかった

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです