メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サンショウの木を前に「芽が少しふくらんでいますね」と解説する松田美智子さん=和歌山県紀美野町の「宇城農園」で

 本州最南端の紀伊半島に位置する和歌山。温暖で土地の起伏に富み、かんきつ類や梅をはじめとする食の宝庫だ。料理研究家の松田美智子さんと訪ねた。

 --料理研究家・松田美智子さん

 ●サンショウ原産地

 「昔ながらの和の食材が絶えぬよう、大切に伝えていきたい」。松田さんが思いを寄せるのがサンショウだ。日本原産で、7割が和歌山県で収穫される。ミカン科に属し、中でも大粒で風味の強い「ぶどうサンショウ」は有田川周辺が原産地とされる。

 5月の収穫にはまだ遠いが紀美野町の宇城農園に向かった。山に囲まれ、2月でも緑が美しい濃淡を見せる。…

この記事は有料記事です。

残り1640文字(全文1900文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 麻生財務相の言いたい放題、なぜ許される 批判の声と許容の声
  2. 盗難の松本清張全集、ファン寄贈 北九州の図書館、書棚に戻る
  3. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  4. 特集ワイド 道徳教材、透ける「押し付け」 中学教科書、開いてみると…
  5. ふるさと納税、偽サイト乱立 大幅「割引」うたい返礼品届かず 福岡県警が捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです