メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サンショウの木を前に「芽が少しふくらんでいますね」と解説する松田美智子さん=和歌山県紀美野町の「宇城農園」で

 本州最南端の紀伊半島に位置する和歌山。温暖で土地の起伏に富み、かんきつ類や梅をはじめとする食の宝庫だ。料理研究家の松田美智子さんと訪ねた。

 --料理研究家・松田美智子さん

 ●サンショウ原産地

 「昔ながらの和の食材が絶えぬよう、大切に伝えていきたい」。松田さんが思いを寄せるのがサンショウだ。日本原産で、7割が和歌山県で収穫される。ミカン科に属し、中でも大粒で風味の強い「ぶどうサンショウ」は有田川周辺が原産地とされる。

 5月の収穫にはまだ遠いが紀美野町の宇城農園に向かった。山に囲まれ、2月でも緑が美しい濃淡を見せる。…

この記事は有料記事です。

残り1640文字(全文1900文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クジラ 東京湾で目撃9件 海ほたる沖で何度もジャンプ
  2. セクハラ 「早大の渡部直己教授から」元女性院生申し立て
  3. 竜王戦 藤井七段、都成五段に勝つ 決勝T1回戦
  4. サッカー日本代表 不安定な川島 西野監督も苦言
  5. サッカー日本代表 ポーランドに勝つか引き分けで突破

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]