メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

がん大国白書

第5部 生きる力に/8止 命伝える出張授業

「がん教育を推進したい」と中学と高校の教員免許を取得し、免許状を手にする林和彦・東京女子医大がんセンター長=東京都新宿区の同大で、永山悦子撮影

 「なんで私が?」「よりによってがんになるなんて」

 林和彦・東京女子医大がんセンター長(56)は、がんと告げられた患者のこうした言葉を何度も聞いてきた。「パニックになる気持ちは分かるが、国民の2人に1人ががんになる時代なのに自分が病気になることを想定していない」と林さん。若い頃は、がんを治すことだけを考え、「神の手」と呼ばれた外科医の先輩の背中を追った。手術の限界を感じて抗がん剤治療や緩和ケアも極めた。

 だが、「がんについてもっと知ってほしい」という思いを強める出来事が4年前にあった。大腸がんの高齢女…

この記事は有料記事です。

残り1153文字(全文1406文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 最後の通話「やばい…」高3植木さん死亡確認
  2. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
  3. 児童買春容疑 元中学講師を逮捕 愛知県警
  4. 宮内庁 小室圭さんについて「婚約状態ではない」
  5. 東京五輪 34度超え予測、熱中症対策早急に 研究者ら

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]